夢遊人のその日暮らし

バイク・食・旅・家族等、皆さまにお伝え出来るといいな。

しめさば と 過ごす。2わん目

みなさま、こんにちは。
会社を退社し、自宅の玄関前です。

個人的希望は、玄関を開けると しめさば が
待っていてくれてハフハフしてくれるのを
いつも期待して鍵を開けます。

さ!今日は玄関にいてくれるかな?


「ガチャ」
「いるかな?」

期待むなしく迎えてくれたのは、泥だらけのバイクのブーツ
でした。


さてさて、そのご本人さまは、何してたかと言いますと、
鳥とも言えないなんだか、 奇妙な 獲物捕獲 の 真っ最中!


(お忙しかったのね。私は気にしなくていいから・・泣)

「一狩りいこうぜ!」と言わんばかりの顔。

とりゃ!

ハイ、捕獲完了。
しめさば:「アタシ凄い? 弟子にしてあげようか?」
私   :「そうね・・そのうちに」

かくして、その怪しげなピンクの鳥の様な生き物は、
しめさば の 唾液でベトベト に 仕留められました。


あなたは一応、女の子なんですからね?
自覚してますか?


おや、また高い所に登って!


!!


おい! スキージャンプの高梨選手か!

K点越えるのか?!

奥さん:「素晴らしい記録が出ました。ただ今の しめさば さんの飛行距離は・・」
私  :「あの・・それって鳥人間コンテストの振りですよねぇ?」


そして、この日 しめさば は 飛ぶ事を覚えました。


トイレを覚えるよりも先に遠くに飛ぶ事の素晴らしさを!(涙:おいおい)


あんだけ飛べば眠たくなるよね。


お休み しめさば 。


明日、君が樹立した記録を破るべく頑張ろう。
でもトイレも頑張ろう! ← 父さんの願いだ!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。