夢遊人のその日暮らし

バイク・食・旅・家族等、皆さまにお伝え出来るといいな。

千葉県大好き。WR450Fお散歩の旅「千葉県立房総のむら」

皆さま、どうお過ごしですか?
先日の雨災害に見舞われ方の復興を
お祈りしております。
---------------------------------
さて、本日はWR君に跨り「房総のむら」へ行ってきました。
 
特に行きたかった訳では無かったのですが、
利根水郷道路を走っておりますと、看板を発見。
ちょっとのつもりで行ってみました。


途中、安食駅で休憩です。

ここ安食駅から約10分位で「房総のむら」に到着します。
そんで、到着。

それでは、行ってみましょう!
 
まず、お出迎えをしてくれるのが、この建物。
明治を思わせる建物ですね。


今は写真館となっているそうです。

写真館を横目に、入場チケットを購入します。
------------------------
大人   :300円
学生   :150円
中学生以下:無料
-------------------------
結構、良心的だと思います。
 
近所の「船橋ア●デル●●公園」もこれくらい
だと助かりますがね。


では入場しましょう。

いやぁ すごくいい雰囲気です。
 
タイムスリップした感が満載です。
そして凄いのがこの佇まい、ただ有るのではなく
ほぼ全てが、「体験博物館」となっており、
体験が可能となっています。
(娘連れてくれば良かった)


●本冊子体験

●下駄作り体験

●道具作り体験

特に道具作り体験は、鉄を溶かし道具を作る様で
是非やってみたい体験ですね。


そしてその横に、伏見稲荷の様な、かわいい「お稲荷様」。

さて、宿場町を後にします。

少し歩くと、だんだん緑が多く見え始めます。


農村地帯です。
田んぼが見えてきましたよ。


摘み終えた稲穂を干してました。

ん?
こんにちは^^

さて、田んぼを抜け村に入ります。
で不思議な光景がそこにありました。

おいおい、これダメなやつだろ?
 
いえいえ、そうではありませんでした。
 
これは、村に災いが入ってこない様と
邪気払いを行っているそうです。


ここの風習だそうです。


さて村に入りました。
大きな母屋ですね。
藁ぶき屋根が特徴的です。

昔おじいちゃんの家、こんな感じだったなぁ。

かまど

囲炉裏(いろり)

夏も涼しそうだなぁ

御覧の通り、昔懐かしい雰囲気が満載です。
 
竹馬に乗れたり、ベーゴマ回したり と お父さんが子供たちに
良き昔のお話しが出来る、とても良い場所でした。


ここ、房総のむらは、とにかく広くて、結構歩きます。
多分、園内の広さは「山2つ分位」ではないでしょうか。
園内に古墳もありましたよw
ご紹介したのは、ほんの一部。
もっと沢山の施設があります。
でも、足腰の限界です。
 
先週のメタボ散歩なんかより、ずっと歩きました。
奥さんから、「今日は歩かないの?」と聞かれる前に
WR君と家を出ましたが、結果 今日も良い運動になりました。
----------------------------------------------------------------------------------------
このブログですが、当然ビール片手に書いてます。
 
秋の虫の音を聞きながら、頂くビールは最高ですね。
 
あ、ちょっと冷蔵庫にビールを取りに行ってきますね。
ではでは。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。