夢遊人のその日暮らし

バイク・食・旅・家族等、皆さまにお伝え出来るといいな。

DENON UPA-F88 を 改造しよう!

皆様、こんにちは。


購入から20年程(2018/01現在) 愛用しておりました、
デジタルアンプ「DENON UPA-F88」を少々改造しようと
思います。


このアンプですが先にも記述致しました通り、かなり古いアンプです。
当時オーディオの入門モデルだったと思います。


当時の私は、PCマザーボードのpinアウトから1000円位のアクティブスピーカー
に繋げ、CD等視聴しておりました。


これが、ひどい音でして・・・。


音質に対し納得出来ない時にふと思いついたのです。


単純に「オーディオにPC繋げば良くね?」との単純発想で、
この「DENON UPA-F88」に繋いで利用して来ました。


オーディオスピーカから奏でるPCの起動音に感動!


そんなこのオーディオセットですが、
最近(2018年01月現在)スピーカーも音が割れて来たし、
アンプ含め全交換の時期に来たのかなと思い、電化量販店に足を運びました。


最近のオーディオを電化量販店なんかで視聴すると まぁ、素敵な音を奏でます。
家の「UPA-F88」とは大違いだなぁ、と音の響きに感動!


しかし、大学受験前の娘がいる中、PCオーディオなんかに大枚は払えません。


「お父さんの お小遣いでは、高級アンプなんて買えない!」
「じゃ、改造できないか?」


そんで調べてみました。


【調査】
  ●簡単にご説明すると、音が悪くなる原因は下記と言う事。
  ・PC本体内部には、沢山のノイズが飛んでいて、
   綺麗な音源に悪影響を及ぼしている。


  ●オーディオの音質は「スピーカー性能」もさる事ながら
  「音を奏でるチップ特性」が大きな影響があると言う事。
   デジタルアンプ内には「PCで言うCPU」が存在しており
   それを高級な物に変えると劇的な音質改造になる。


【対策検討】
①PC内に飛び交うノイズの問題
 → 世間には「USB DAC」と言う優れモノがあるらしい。
   そいつは、PC内で処理していた「音関連」を
   ノイズに影響されない「PCの外」で処理すると言う物。
   なるほど、これは期待出来そうだ。
   そんで以下をチョイス。


   ●「FOSTEX PC100USB」


    ※ハイレゾ対応の製品もありましたが、そこまでの要求は
     ないのでコレをチョイス。


   これでPC内のノイズに影響されず「生音」に近い音源を
   アンプに届けてくれる筈。


②「DENON UPA-F88」って「オペアンプ(PCで言うCPU)」は、
  何が乗ってるか調査。


  箱を開けて確認してみると下記オペアンプが刺さっていました。


  「JRC4565DD」X 3


  あ、基盤にハンダ付されてるぅ(泣:単純に交換が出来ない)。


  3つと書きましたが内1つはヘッドフォン用(?多分)でしたので
  今回の交換対象は2つとしました。


  因みにこのオペアンプですが、決して悪い音を奏でる訳では
  ありません。


  ただ単純に、更なる上級アンプの音を知りたく交換する事にしました。
  
  じゃ、どのオペアンプにするかなぁ~。
  ググってみると「秋月電子さん」に目が留まり覗いてみると?


        え? ええええええ?


  ビックリです!


  オペアンプの価格って
  「数十円」 から 「数千円」 の価格なのです。


  もっとお金が掛かると思いましたよね!
  私もその一人です。


  参考までにリンクを張っておきます。

※参考:秋月電子さん


  因みに、搭載されていたオペアンプ(JRC4565DD)に関しては
  価格すら確認する事が出来ませんでした。


  多分、5個で100円位だと思います。
  (凄いチープなオペアンプです事^^;)


  そこで秋月さんで以下をチョイスしました。


  「MUSES8920D」


  取り外しが出来る様にソケットもチョイス。


 選んだ理由として、元々 装着してあるオペアンプ(JRC4565DD)でも
 不満がなかったので、交換後の効果を確認する為、数百円の8920にしました。


③音割れの原因
 スピーカーが破れてました。
 へい、購入します。
 修理も出来る様ですが、素人レベルでは無理そう(Youtubeで確認)。
 やめておきます。


 選んだのが、


 「Dayton Audio DA135-8 13cm アルミコーン ウーファー 8Ω BSDA0」 X2

 特に理由はないのですが、エンクロージャーに合う物を選んだ
 だけです。


 ※2018/10/14追記
  エンクロージャーに合わなかったのでゲタ的な物を
  作って装着しました。
  少し小さかったです。
  結果カッコよくなりましたがw
  15cm位でも良いかも。


【購入】
 ①USB DAC 「FOSTEX PC100-USB」
 ②MUSES8920D X 2 (490円X2)
 ③交換可能用ソケット X2 (40円X2)
 ④Dayton Audio DA135-8 13cm アルミコーン ウーファー 8Ω BSDA0 X2
 ⑤半田ごて
 ※中学生以来 使ってない^^;


【作業開始】
 では、作業に入りましょう。


 ①アンプの箱を開けます。
  結構スカスカなんですね。
  交換するオペアンプの位置を確認します。

 向かって右側にオペアンプが刺さっている基盤を発見!
 載っている基盤を外します。


 ②搭載されているオペアンプをニッパーで切断!(今まで有難う)
  こんな小さな部品で音質が左右されるのですね。


 ニッパーでオペアンプを取り除きました。


 この方法でやると当然、「オペアンプの足」が基盤に残ってしまいます。
 「半田ごて」を利用し綺麗に取り除いて下さい。


 ③オペアンプを交換出来る様にソケットを半田付け。
  その後、オペアンプを交換可能用ソケットに差します。
  オペアンプには差す向きがあります。
  間違えると破損しますので注意が必要です。

  ふぅ~。なんとか装着完了です。
  こんな感じです。
  ソケットは半田で固定し8920は、刺しただけです。
  これで、また新しいオペアンプを抜き差しで試せますね。


 ⑤元通りに基盤をアンプ本体に接続します。
 ⑥スピーカーをエンクロージャー(箱)はそのままに交換。


 作業時間は、初めての作業でしたので約1時間位でした。
 次回以降は、半田を使いませんので10分位の交換作業に
 なりそうです。


【変更後音質】
 さて、音質はどう変わったのでしょうか!


 ①無音時にボリュームを上げると「サー」と言う
  ノイズが一切聞こえません。
  DACが良い仕事してるのでしょうね。


 ②何度も聞いたCDですが、あれ?こんなに色んな音が鳴って
  いたっけ?
  凄い!全く別のアンプに生まれ変わりました。
  MUSES8920Dの特徴なのでしょうか、パーカッションの
  金属楽器の音が響く様になりました。
  高音がクッキリ聞こえます。
  映画の音声なんか聞き取りやすいです。
  ガラスが割れる様なシーンには、かなりビックリするかもw
  今までは、スカパラなんか聞くと、今までは音の余韻が無く
  「響き」が有りませんでしたが、ホールで聴いている
  様に聞こえます。
  若干クラシック向きなのでしょうか?
  これが原音だったのですね~が堪能できます。
  素敵です。
  上位にいる、MUSES01~03がどれだけ凄いのか
  凄く気になります。


【今後】
 ①U1側のオペアンプを「OPA627AP」で聴いてみたい!


  ※最高級のオペアンプみたいです。
   こちらは1回路と言う事もあり、搭載するには少々
   基盤加工が必要の様です。


   ここではその内容は書きません。


   変更時にご報告したいと思います。


 以上、結婚する前に買ったアンプが高級アンプとなり、素敵なPCオーディオ
 にリノベーションされた報告でした。


 有難うございました。


●2018/10/14 追記
 現在、オペアンプは「MUSES01」に載せ替えました。
 全くの別物です。
 すごいポテンシャルです。
 ヘッドフォンでは聴かない派なのですが
 音の深み等、語り切れません。
 一度、ご自分の耳で視聴してください。
 私と同じ様に高級オーディオにお金を掛けられない方
 是非チャレンジを^^


 後、低音が足りませんでしたので下記を購入しております。



 


 これで映画みても重低音がバッチりです。


 皆様のPCオーディオ生活を応援しております^^


 引き続き、コンデンサ交換編もよろしくお願いします^^







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。