夢遊人のその日暮らし

バイク・食・旅・家族等、皆さまにお伝え出来るといいな。

【食戟】オイシイ食ヲ発見セリ。攻撃ニウツル。その2「千葉県銚子市 浜めしさん」

本日は、天気も良いし久々に銚子にでも 行ってみたいと思います。


朝10時。 うちの子(WR450F)にまたがり、キック一発。
今日も軽快なトコトコ音がマフラーから響きます。
利根川沿いをひたすら真っすぐ。
あっという間に銚子港です。

本日ご紹介しますのは、こちらのお店。
銚子港のすぐ横にあります「浜めし」さん。

この辺のお店の中では、かなりお安くボリュームのある 食事が頂けます。
お客さんは、観光客と言うより漁師さんや港の職員の 方が多いです。
今日のメニューは何にしようかな。

いつもは「うにいくら丼」にするのですが、 今日は別のメニューにしようかな。
注文後、店内の芸能人サインを見渡しながら待ちます。
後ろのサインは「宮藤官九郎」さんの色紙ですね。

「はい、お待たせ!」いつも明るいおばちゃんの声でやってきました!

「まぐろ・いくら丼」(税込み ¥1.400)
ここのお店の普通盛の量を知ってますので ご飯は少な目でお願いしてこの量です。
見てくださいこの「いくら様」 キラキラです!
それを口にほおばれば・・・口の中でいくらの粒つぶが ブチブチ弾けます 。

マグロは、これぞ赤身って位にしっかりとした味。
トロや中トロだと、いくらの脂とトロの脂でギトギト しそうです。
ここはやっぱり、いくらとの相性を考えたら「赤身」なんでしょうね。

はい、御馳走さまでした。


いつも、いつも美味しいご馳走有難う御座います。
今度は、家族もまた連れてきますね。

以上、千葉県銚子港からのレポートでした。 またね!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。